So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「ブーリン家の姉妹」

burisina.jpg

父親の立身出世の道具にされた姉妹の物語

イングランドの王ヘンリー8世には男子の世継ぎがいなかった。

16世紀のイングランドが舞台。
この時代、貴族は政略結婚で立身出世をしていた。
新興貴族のブーリン家のブーリン卿にはふたりの姉妹がいて
娘を道具にしてブーリン家の繁栄を望んでいた。

ヘンリー8世が世継ぎの男の子を得るために愛人を探していることを
知ったブーリン卿は、姉のアンをヘンリー8世に引き合わせるがアンは
不始末をしてしまう。
このためアンはフランスへ行くことになる。
そして、ヘンリー8世が興味を示したのは妹のメアリーだった。
メアリーは、結婚していたがブーリン家のために申し出を受け入れる。
メアリーは、ヘンリー8世の子を身篭り、ブーリン家は出世していく。
ところが、メアリーが体調を崩すとヘンリー8世はメアリーに対する興味を
失い、別の愛人を求めていた。
このことを知ったブーリン卿はブーリン家の繁栄のためにフランスから
アンを呼び戻す、アンは洗練されて戻ってきたため宮中でも目立ち
ヘンリー8世の気を引いた。
メアリーは男の子を生んだが田舎に引っ込んでしまう。
アンは、イングランド王妃になるが・・・。

父親の道具とされたふたりの姉妹は、このあとも波乱の運命をを辿る
ことになりなんとも哀れである。
権力の座にいるヘンリー8世は、飽きもせず女を変える。

政略結婚が謳歌された時代に生きた姉妹の運命に関心があるひとには
お勧めです。



nice!(256) 
共通テーマ:映画

nice! 256