So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「キャップテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」

1.jpg

暗殺者ウィンターソルジャーは、キャップテン・アメリカの戦友だった

スティーヴは、公園でウォーキングを楽しんでいた。
そして、サムと言う黒人の元落下傘兵を出会う。

キャップテン・アメリカと呼ばれるスティーヴは所属する組織シールドの
長官ニックの命を受け、シールドの船舶がテロ組織に占拠された海域へ
女スパイナターシャとメンバーを引き連れて向った。
乗組員の人質救出が目的だった。
スティーヴの活躍で人質の救出は成功したがテロ組織の人間を1名逃がした。
テロ組織を制圧したときにナターシャの姿が見えず探したら彼女はコンピュータ
からデータをUSBメモリに取り込んでいた。
彼女は長官の命令で動いていた。

長官は、データの解析をしようとしたがエラーになった。
データにはシールドが計画している重要なデータが保管されていた。
長官は車で外出したときに途中で4台の車に前後左右を囲まれ襲撃を受けた。
襲撃のメンバーにウィンターソルジャーと呼ばれる片腕が金属の暗殺者がいて
長官を攻撃した。
長官はスティーヴのアパートに逃げ込み彼にUSBメモリを渡すが、そこへ
ウインターソルジャーが再度攻撃を仕掛け長官は撃たれる。
長官は、手術室で死亡する。

シールドの高官アレクサンダーはスティーヴにUSBメモリの提出を求めたが
拒否される。
そして、スティーブはエレベーター内でシールドのメンバーに襲われる。
スティーヴは、その場を逃れナターシャと合流しUSBメモリの謎の真相を追う。

話の発端は、こんな内容です。
ここから先は、ふたりが元ナチスの組織ヒドラが裏で暗躍していることを突き止め
暗殺者ウインターソルジャーがスティーヴのかっての死んだと思われた戦友
だったとわかりますが彼は記憶を消されていた。

キャップテン・アメリカは不死身ではないので随所随所で危機的な場面が
たくさん用意されていて観るほうはハラハラドキドキです。
不死身のヒーローが多い中では、真面目なヒーローで今作も続きがあると
思わせる終わり方になっていますので観ないと次に続かなくなります。

ヒーロー物がお好きなひとにはお勧めです。



nice!(243) 
共通テーマ:映画

nice! 243