So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「ルーシー」

lucy.jpg

想像を越える脳の世界、誰もこのことを信じない

lucy2.jpg

舞台は、台湾
女の名は、ルーシー
大きなビルの前でルーシーは男に鞄を1000ドル出すから
届けてくれと頼まれる。
鞄の中身はと聞くと男は知らないという。
いやだと断っている隙に男は鞄とルーシーの手に手錠を
かけて外れないようにする。
しぶしぶルーシーはビルの中に入り受付で相手の名を言い
呼び出してもらう。
ところがルーシーを出迎えたのは犯罪組織の男たち。
ルーシーは、捕まり鞄の中身を見せられた。
青い粒錠のくすりみたいなものが3袋入っていた。
組織のボスが薬中毒の男に飲ませると男は得体の知れない
わめき声を発しボスに銃で撃たれて死ぬ。
次に、男が3人連れてこられて腹を切られて腹部に青い錠剤を
埋め込まれ腹を縫い付けられた後、パスポートを渡される。
ルーシーにも同じことがされた。
4人は世界各国への薬の運び屋にされた。
ルーシーの体内で一部の薬が漏れる。

そして、ルーシーの10%しか使っていなかった脳は細胞の
いろいろなところにアクセスし、これまで誰も知らない脳の
動きが徐々に活発化し彼女は無敵の存在になる。

脳科学者ノーマン博士は、学会で人間の脳について講演を
していた。
人類は10億年前から存在しているが脳の全ての機能を
使用していないという内容だった。

ルーシーは、脳の機能が20%,30%と高まっていくことで
次第に人間性を失っていった。
そして、薬が切れると死ぬということを知る。

ルーシーは、世界各国へ飛んだ運び屋を捕まえるために
各国の警察へ運び屋たちの写真を送り空港で逮捕させた。

犯罪組織もこのことを知り、薬を奪還するためにパリへ集結。

脳の機能が100%になったときルーシーの身体はどうなるのか。
これまでにない映像が展開されて映画を観ない限り予測不能。

リュック・ベッソンが仕掛けた最新作は強烈でした。


nice!(297) 

nice! 297