So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「二流小説家 シリアリスト」

niriyu.jpg

母親と息子の異常な愛は、殺人を共有した

売れない作家に死刑囚から手紙がくる。
作家の名は、赤羽一兵。
海外出張中の兄の家に間借りしてエロ小説を書いている。
一兵は、10年前に母親の名で出版した本が1冊あり
これも男の名では売れないからというものだった。

死刑囚の男は呉井といい自称写真家で12年前にモデルの女性
4人を殺害し首を切断した罪で死刑判決が出ていた。
首は、いまだ発見されていない。

赤羽は、呉井の弁護士前田礼子に会い、呉井から本を書いて
くれと頼まれたことを話す。
出版は死刑執行後という条件を出される。

赤羽は、呉井にファンレターを寄こす3人の女性と会ってくれと
依頼され会いに行く。
そして、3人の女性をテーマにした官能小説を書きはじめる。

新たな殺人事件が発生

赤羽が会った女性3人が首なし死体で発見され、目撃者が赤羽
だった。
彼は、事件の真相に迫るため呉井の過去を追いかける。
そして、そこで発見したことは・・・。

こういう映画は、自分で観ることが一番です。
事件は簡単に解決しないです。
ひとつの事件が解決したように思うと、そこに新たな疑惑が起こり
また、犯人探しがはじまります。

観たかった映画でしたがレンタルできずにいたら、いつの間にか
TVで観られラッキーでした。

2014.6.23ケーブルTVにて鑑賞

nice!(212) 
共通テーマ:映画

nice! 212