So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「エリジウム」

Elysium2.jpg

余命5日の男が挑む、決死のミッション

2154年、人類は人口増加で廃墟となった地球に住む貧困層と
スペースコロニー”エリジウム(理想郷)”に住む超裕福層に二分
されていた。

エリジウムには、不治の病を一瞬で治す装置があった。
エリジウムは、地球に住むひとびとの頭上の空に浮かんでいた。
エリジウムには女性の防衛長官がいて地球からの不正侵入者を
排除していた。
長官は地球にもスパイを置いて侵入者を処分していた。

地球に住むマックスは工場で大量の照射線を浴びて余命5日の
宣告を受けていた。
彼はレジスタンスのリーダーに頼まれ脳にコンピュータシステムを
組み込み、裕福層の工場の社長の脳のデータを自分の脳へ転送する
任務を依頼される。
リーダーは、成功したときにはエリジウムへ連れて行くという条件を出した。
マックスは、社長をレジスタンスの仲間と襲撃し社長の脳のデータを
自分の脳に転送することに成功するが長官のスパイに襲われ仲間を
殺される。
長官のスパイもマックスの脳のデータを狙っていた。
実は、社長はエリジウムの製作者であり、そのデータはエリジウムを
支配できるものだった。
マックスは、幼馴染の女性に助けられ一時匿われるが、隠れ場所を
見つかり女性とその娘は捕まり、マックスも投降し3人はエリジウムへ
連れて行かれる。

人類の理想郷(エリジウム)には、病気が存在せず永遠の命が
手に入る。
捕らわれの身となったマックスは余命5日以内に永遠の命を得る
ことができるのか、結末は映画を観てのお楽しみ。

彼を待ち受けてたのは切な過ぎる運命。

いま、世界は正規、非正規などと区分し始めているので遠い未来は
映画のようなことが起こっても不思議ではない。
nice!(226) 
共通テーマ:映画

nice! 226