So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「もうひとりの息子」

musuko.jpg

イスラエル人とパレスチナ人の赤ん坊取り違え

フランス映画です。

イスラエル人の息子ヨセフが生まれて18年が経過して兵役検査で
健康診断を受けて血液型が合わず事実が判明する。

イスラエル人の息子は父親が軍の大佐で母親がフランス生まれの
医師で恵まれた環境にあった。
パレスチナ人の息子は、父親がエンジニアで壁の内側に閉じ込め
られて生活しているため仕事がなく厳しい環境。

イスラエル人の夫は、妻の浮気を疑い、DNA鑑定し18年前に湾岸
戦争の最中に病院で取り違えられたことが判明する。
しかし、父親は自分のこどもに気づかなかったのかと母親を責める。

この事実は相手側の家族にも伝えられ、お互いの家族はそれが
イスラエルとパレスチナの子の取り違えと知ることになる。

二組の夫婦は、こどもを産んだ病院で対面する。
医師から空襲の際に取り違え重大な過失であったことの説明を
受ける。
父親同士は扮装による対立が続いているため、事実に耐えられず
席を外すが母親同士は写真を見せあいお互いの息子の姿を確認する。

そして、二組の夫婦は息子に真実を伝える。

musuko2.jpg

ここから先は日本映画の「そして父になる」と同じように交流があり
やがてお互いの夫婦が息子たちを受け入れるという話になります。

そして、気になる結末は紛争が続くイスラエルとパレスチナ。
どうなるのかは、映画を観てのお楽しみ。

こういうときって息子は案外しっかりしているものです。


nice!(198) 

nice! 198