So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「隣の女」

tonari.jpg

フランス映画です。
グルノーブルの郊外に向かい合った家がありました。
そのうちの1軒には妻と息子がいる男が住んでいました。
あるとき、真向かいの家に一組の夫婦が越してきました。
妻は、絵本作家。夫は航空管制官でした。

引っ越してきた夫妻が挨拶に見えたとき息子がいる男は
夫妻の妻の顔を見て驚きました。
8年前に別れた恋人でした。
恋人の名は、マチルド。息子がいる男の名は、ベルナール

ベルナールの妻が夫妻を食事に招いたときもベルナールは
ウソをついて家に帰りませんでした。

マチルドは、ベルナールに電話をしてホテルで逢いたいと
呼び出します。
そして、ふたりは愛を交わし逢瀬を楽しみます。
このことがきっかけで今度はベルナールが度々マチルドに
逢いたいと電話を入れますが彼女はこんな関係は一度切り
だといって付き合いを拒みます。

男と女は、くっついたり離れたりしながら時を過ごしますが
やがて、ふたりの関係がばれてマチルダは神経衰弱になり
入院します。
そして、マチルダは市内のアパートへ引っ越していきます。

これで元の静けさを2組の家族が迎えたと思ったとき
深夜隣の家のドアを誰かがあける音がして
そのことに気がついたベルナールが隣の家を見に行くと
そこにはマチルドが立っていました。

ふたりはところかまわずに抱き合いお互いを求め合いますが、

この後、この映画は衝撃のクライマックスを迎えます。

「あなたと一緒だと苦しすぎる、でもあなたなしでは生きられない」

この言葉の意味する結果は、観てもお楽しみです。




nice!(76) 
共通テーマ:映画

nice! 76